2005年02月27日

ネタ切れにつき

適当な内容…という事で、Gentooであった不便な事を解消する方法を紹介というか何というか、もうこの時点で何をするかハッキリしてないというあたり行き当たりばったりな感じ。

portageというシステムは良くできてるな とは思うのですが、例えばeclipseのような依存関係の多いソフトを"試しに"入れてはみたが、後で要らなくなったとき、どうやって消してますか?

私が知らないだけかもしれませんが、emergeのlogを辿ってチマチマ…という方法しかないと思います。そこで私は、何かを入れる際にemege -pv hoge > hoge.depとしてログを取ってあります。さらにそのログを解析して一気に消すスクリプトを用意して消してます。解析といってもawkとsedとgrepで切りだしてるだけでなんですが。

そのスクリプト曝し
parse_deps.sh
kshになってますが、b-shell系なら何でもOKです。

使い方は先程の通り用意したdepファイルを、parse_deps.sh hoge.depとするか、cat hoge.dep | parse_dep.shとするかして食わせればOKです。消し方はemerge unmerge `parse_dep.sh hoge.dep`等とすればOKです。parse_dep.shとするかして食わせればOKです。消し方はemerge unmerge `parse_dep.sh hoge.dep`等とすればOKです。

技術者志望の憂鬱とかタイトルついてますけど、ここではこういったゴミスクリプトしか公開しません。ライセンスだ特許だ、知的所有権だとかいう話にあまり巻き込まれたくないし、真っ当な(=使い道のある)アプリを作って下手にユーザーがついても面倒ですし(やいのやいの言われるの面倒)。
posted by bf109 at 11:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック