2005年09月22日

近所の書店へ行ってみた

そして気付いた事

相変わらずWindowsの入門書は各出版社から沢山出ていて、しかもどれも値段が高くて分厚い。
Windowsの操作法を解説しただけの本とか、OEやらIEの使い方に特化した本なんかもあって、やはりこれらも辞書並に分厚い。千数百ページにも及ぶWindowsXPの操作法を記した書籍は割と売れているようです。さすが「誰でもすぐに簡単に扱えるユーザーフレンドリーなOS」ですね。とてもじゃないですけど、そんな本を通読できそうにありません。

意外だったのが、Linuxの入門書や資格絡みの書籍も増えてた。結構な数があって、それなりに需要が出てきたんだなぁと思った。入門書といっても、基本操作よりは何らかの目的(サーバー構築とか、1FDでルーター構築とか)に沿って基本の理解を深めて最終的に目的を達成するという内容になってた。種類は少ないけれどもコマンドリファレンスもありの、Linux kernelを通してCプログロミングを学ぶ書籍もありので多様な種類があった。値は結構張る。

そういえば、オープンソースのビジネス本があった。オープンソースをビジネスで利用にはどうしたらいいか等が載っていて、その際の注意としてSCO問題が例に取り上げられていた。その中でSCOはとるにたらない嘘つき企業として書かれていた。実際そうなんだけど、本の中でそんな事言っちゃって大丈夫なのかなぁ…とSCO本社の目には届かないだろうけど日本SCOの目 についたら最悪名誉棄損で訴えられるかもしれないのにねぇ…まあ悪いのは米SCOで日本法人の方は迷惑千万だったようだからあえて怒るような事もなさそうだけど…。
posted by bf109 at 19:44| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多な物事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック